IIJmio eSIMを活用して携帯電話料金を節約する方法

SIM cards personal device スマートフォン Personal Device

IIJmioのeSIMプランを活用して携帯電話料金を節約する方法を教えます。

iPhone XS, iPhone XRや2019年9月に発売が見込まれる次世代iPhoneで大手キャリアと契約しながらスマホ料金を安くします。

IIJmio eSIMは最新iPhoneに最初から内蔵済

IIJmioのeSIMとは、iPhoneの最新機種の本体内に最初から内蔵されているSIMカードのようなものです。

通常に通信キャリアから渡されるICチップが付いた小さなSIMカードと異なり、eSIMはiPhone本体に入れたり出したりしません。最初から内部にくっついています。

eSIMは最初からIJ最新iPhoneに未設定のまま入っていて、eSIMを有効化すると使えるようになります。
ちなみにeSIMのembedded(組み込みされている)を意味するeなんです。

IIJmio eSIMは大手キャリアと格安携帯のいいとこどり

NTTドコモやソフトバンク、auのスマートフォンを使い続けている理由に、

  • 家族でファミリープランに加入して割引になっている
  • ひかり回線や動画配信とセット割になっている

から自分だけ格安携帯に乗り換えると割引がなくなってしまう。

「格安携帯に乗り換えたい気持ちはあるけれど、今ある割引がなくなるのは困る」というそんな人にぴったりな格安携帯プランがIIJmioのデータ通信専用プラン eSIMプラン(ベータ版)です。
IIJmio eSIMプランを申し込む

IIJmio eSIMプランとNTTドコモなどの契約を両立する利点

IIJmioのeSIMプランとNTTドコモやソフトバンク、auといった大手通信キャリアの契約を最新iPhoneでは共存させることができます。

eSIMが内蔵された最新iPhoneはモバイル回線を物理SIMカードとeSIMで2重化して共存させて同時に使うことが可能なんです。

そうすると何がいいかというと

  • 大手通信キャリアのファミリープランに加入したままでいられる
  • ひかり回線などのセット割引に加入したまま割引が受けられる
  • 携帯電話番号は大手通信キャリアのまま変わらない
  • SMSの番号も大手通信キャリアのまま使えるので認証時などに支障がない
  • キャリアのメールアドレスを継続して利用できる
  • eSIMプランはオンライン上で手軽に手続きでき、大手通信キャリアから乗り換えたり解約する必要がない

と、IIJmioのeSIMプラン(ベータ版)と大手通信キャリアの併用はいいことだらけで安くなるんです。
IIJmio eSIMプランを申し込む

IIJmio eSIMプランとNTTドコモなどの契約を両立させつつ料金を節約する方法

IIJmioのeSIMプランとNTTドコモやソフトバンク、auの契約を両立させつつ、携帯電話料金を節約する方法は、

  • 大手通信キャリアから乗り換えや解約は行なわない
  • 大手通信キャリアの月額プランを一番安いプランに変更する
  • SIMロック解除の手続きをする
  • IIJmioのeSIMプランをオンラインから申し込みする

たったこれだけです。

本当は大手通信キャリアに音声通信だけの月額プランがあればそれがもっとも安く大手通信キャリアとeSIMプランを格安で共存させることができます。

でもそんなプランはありません。あったとしてもキャリアメールがなくなってしまうのがイタイところです。

1、大手通信キャリアから乗り換えや解約は行なわない

大手キャリアとIIJmio 2つのモバイル回線を使うので、大手通信キャリアからIIJmioへMNPしません。今まで通り大手通信キャリアを利用します。解約も行ないません。

2、大手通信キャリアの月額プランをデータ通信がもっとも安いプランに変更します

NTTドコモの場合、音声通信とデータ通信が一体となったプランのギガライト(データ量 1GB以下)1980円 / 月 ~。

ソフトバンクの場合、ミニモンスター(データ量1GB以下) 1980円 / 月 ~。

auの場合は新auピタットプラン(データ利用料1GB以下)1980円 / 月 ~。

に契約変更します。

元々これらのプランになっている場合はそのままにします。

3、SIMロック解除の手続きをする

大手通信キャリアの最新iPhoneをSIMロック解除の手続きします。

Appleなどで最初からSIMフリー端末を購入した場合にはこの手続きは不要です。

大手通信キャリアで最新iPhoneを購入した場合は購入時点でそのキャリアだけしか使えないロックがされています。そのSIMロックを大手通信キャリアに解除してもらいます。

もし中古でNTTドコモやソフトバンク版最新iPhoneを入手した場合も同じく解除してもらいます。

(※ 2019年8月 ソフトバンクも中古版スマートフォンのSIMロック解除に応じてくれるようになりました)

auは中古版iPhoneのSIMロック解除には応じていませんのであらかじめSIMロック解除済端末であることを確認して購入してください。(※ 2019年8月現在)

4、IIJmioのeSIMプランをオンラインから申し込みする

最後にIIJmioのeSIMプラン(ベータ版)にオンラインから申し込みをします。

IIJmio eSIMプランを申し込む

IIJmioのeSIMプランと大手通信キャリアの最安プランを併用したらいくら節約できる?

IIJmioのeSIMプラン(ベータ版)は月額1520円(6GB/月)です。

IIJmioのeSIMプランと大手通信キャリアの最安プランを併用した月額料金は、

大手通信キャリア月額 1980円~ + IIJmio eSIMプラン 1520円 = 月額 3500円 ~

となります。

この利用のやり方で、データ通信は大手キャリアの1GBぶんとIIJmio eSIMプランの6GBあわせて、月に7GBまで使うことが出来ます。

これをもし大手通信キャリアだけで7GB使う料金プランの場合、約4980円~8000円になります。

大手キャリアSIMとIIJmio eSIMを併用することで、約30%の通信費削減になります。

※ MM総研によるとスマートフォン利用者の月間利用データ量の平均は5.7GB (2018年調べ)

IIJmio eSIMプランを申し込む

IIJmioのeSIMはapple watchに非対応

IIJmioのeSIMプラン(ベータ版)はapple watchに非対応です。

これはIIJmio側に理由があるのではなく、apple watchに内蔵されているというeSIMが独自仕様によるためです。

※ 記載内容は2019年8月時点のものです
※ IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込してください
※ 特典やキャンペーン内容は終了あるいは変更になっている可能性があります。IIJmio公式サイト上でご確認ねがいます