4Kレグザ 2020年春モデルが発表

東芝 4K レグザ Z740X M540X C340X 4Ktv

東芝映像ソリューションが4K薄型液晶TV「レグザ」の2020年春モデルを発表しました。

レグザエンジンが、レグザエンジンCloud PRO、レグザエンジンCloud、レグザエンジンGに進化しました。

ついにあの動画配信に対応しました!

東芝 4Kレグザの2020年春モデル

2020年2月5日に東芝映像ソリューションが新型4Kレグザ(REGZA)を発表しました。

レグザエンジンCloud PROを搭載の4K液晶レグザ「Z740X」(65V型、55V型、50V型)を2月21日から販売します。

レグザエンジンCloudを搭載の4K液晶レグザ「M540X」(65V型、55V型、50V型、43V型)を2月21日から販売します。

レグザエンジンGを搭載の4K液晶レグザ「C340X」(55V型、50V型、43V型)を3月上旬から販売します。

全サイズが同じ日に発売になるのでなく、画面サイズによって販売開始の日が異なります。

そして、ついにというか、やっというか新型レグザのZ740XM540X、C340XAmazonプライムに対応しました!

3機種ともリモコンに「Amazon Prime Video」,「Netflix」,「YouTube」,「AbemaTV」,「hulu」,「U-NEXT」のダイレクトボタンが付いて動画配信の視聴に便利になりました。

そのほか、DAZN、dTV、スカパーオンデマンドなどにも対応しています。

薄型4K液晶TV レグザ Z740X

ハイエンドのタイムシフトマシン4K液晶レグザ「Z740Xシリーズ」(65/55/50インチ)は、クラウド連携のAI高画質技術を採用した「レグザエンジンCloud PRO」を搭載しています。

レグザエンジンCloud PROは、映像のジャンルや番組ごとに適切なパラメーターをAI解析、ネットを通じて取得し反映する仕組みみたいです。

地デジに対しては「地デジAIビューティPRO」、動画配信には「ネット動画ビューティPRO」といった高画質化技術を搭載しました。

音の面は、総合出力80Wマルチアンプ駆動の「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」になりました。

REGZA Z740Xは、レグザ Z730Xの後継機種です。

薄型4K液晶TV レグザ M540X

ミドルレンジのREGZA M540Xシリーズ(65/55/50/43インチ)は、新開発の映像処理エンジン「レグザエンジンCloud」を搭載しました。

「レグザエンジンCloud」は、クラウド連携して高画質処理を行う「クラウドAI高画質テクノロジー」を採用しています。

「地デジビューティX」と「ネット動画ビューティ」の高画質技術も搭載しました。

レグザM530Xの後継機種になります。

薄型4K液晶TV レグザ C340X

普及モデルの4K液晶REGZA「C340Xシリーズ」(55/50/43インチ)は、「レグザエンジンG」を搭載した液晶TVです。

「レグザエンジンG」に「地デジビューティX」、「おまかせオートピクチャー」にも対応しています。

レグザC340Xは、地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル放送用チューナーを3機、BS4K/110度CS4K放送用チューナーを1機搭載しています。