ドン・キホーテ、4Kチューナー内蔵4K薄型テレビを発売

ドン・キホーテ、4Kチューナー内蔵 QLED液晶テレビを発売 4Ktv

ドン・キホーテが4Kチューナー内蔵テレビの価格破壊を仕掛けてきました。

50インチの4Kチューナー内蔵テレビが4万9800円です。

4Kジェレリックレグザが完売続きのドン・キホーテ

ドン・キホーテはこれまでもレグザエンジン搭載のプライベートブランド液晶テレビが完売続きのヒット商品になっています。

2017年に出した4K液晶テレビも東芝映像ソリューション開発の映像エンジンを搭載してジェレリックREGZAとして大人気でした。

ドン・キホーテのプライベートブランド4Kテレビは累計で6万台以上を販売しているといいます。

そんなドン・キホーテからついに4Kチューナー内蔵の4K薄型テレビの登場です。

ドン・キホーテの4Kチューナー内蔵 QLED液晶テレビ

今回、ドン・キホーテが発売する情熱価格PLUSブランドの4Kチューナー内蔵の4K薄型テレビは、50インチと58インチのラインナップがあります。

50インチの4Kチューナー内蔵の4K薄型テレビが4万9800円
58インチの4Kチューナー内蔵の4K薄型テレビが5万9800円
と価格破壊級のプライスで攻めてきました。

発売日は50V型が2020年5月15日、58V型が2020年5月27日ということです。

バックライトQLED、HDR HLG、スピーカー総合20W(10W×2)、受信可能放送は地上デジタル、BS・110度CSデジタル、BS4K、CS4K、HDMI 2.0端子 x4 (HDMI1:ARC(オーディオリターンチャネル)対応、HDMI4:MHL対応)、光デジタル音声出力端子、LAN端子(BML対応)、USB端子(録画専用)。

 

4Kチューナー内蔵薄型テレビの価格的にハイセンスやオリオンと競合しそうですね。

 

驚安の殿堂 ドン・キホーテ
ドン・キホーテのプライベートブランド情熱価格の家電の商品紹介です。

コメント