パルスオキシメーターよりスマートウォッチがおすすめ

パルスオキシメーター買うよりXiaomiのMiスマートバンド6がおすすめ 家電

いつ必要になるか、たらればでパルスオキシメーターを購入して死蔵するくらいなら、血中酸素動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍を測れる、日常使いできるスマートウォッチをおすすめします。

XiaomiのMiスマートバンド6は血中酸素飽和度がわかる

コスパに優れたスマホを出しているXiaomi(シャオミ)のMiスマートバンド6は2021年7月に発売されたばかりの、1.56インチ有機ELディスプレイを備えた、24時間の活動をモニターしてくれるスマートバンド(ウェアラブル端末、スマートウォッチ)です。

6って付くとおり、6代目の製品です。

5000円をちょっとこえるくらいの価格で買えます。

単機能のパルスオキシメーターが4000~8000円することを考慮したら、どちらがお得かわかりますね。

たくさんあるバンドの種類、画面が特徴です。Miスマートバンド6は使っている人しだいで個性を出せます。

コロナ禍にうれしい、酸素飽和度と脈拍の測定に加えて、睡眠モニター、月経周期トラッキング、エクササイズモニターを備えていて、健康に関するさまざまな情報を取得できます。

5気圧防水なので、プールや海でも装着したまま入れます。

※ プールでの使用は施設の規則に従ってください

バッテリーは通常モードで14日間、節電モードで19日間持ちます。

毎日充電する必要がなく、つけっぱなしで週に1回くらいの充電で使い続けられるわけです。

もちろん、スマートフォンと連携できるので、通知機能や情報表示などを活用できます。

スマホ連携はAndroid 5.0、iOS 10.0以降に対応しています。

 

詳しく見てみる

※ Miスマートバンド6は医療機器はありません