ガラスフィルムが割れて怪我しない方法

ガラスフィルムは割れます。破損したら怪我する前にすぐ交換しましょう スマートフォン Personal Device

スマホの画面を保護する目的で硬いガラスフィルムを貼る人が増えています。

いっぽうでガラスフィルムが割れたり、角や隅で指を怪我する事故も増えています。

どうすればガラスフィルムで怪我しないで済むのか調べました。

液晶保護ガラスフィルム Amazonでみる

ガラスフィルムはどれでも割れることが実験で判明

スマートフォン液晶画面保護用のガラスフィルムを20検体集めて落下実験をした結果は、すべてのガラスフィルムで破損がみられました。

割れないガラスフィルムはありません

化学的に強化していてもそもそもガラスなんです。

一度、角や端に少しでもひびが入るとそこからひび割れがどんどん増加していってしまいます。

ガラスフィルムは飛散防止加工されていて窓ガラスのように砕け散ることはほとんどありませんが、表面がザラザラになって今にも剥がれそうな状態になります。

そんな破断、破損部分は鋭くなっていて、破損したまま使い続けると切り傷を負う危険性があります。

※ 東京都生活文化局商品安全係調べ。スマホのガラスフィルム20検体を1.5mの高さから10回落下させる実験

ガラスフィルムに怪我の注意書きがない商品に注意

家電や情報機器なら外箱や取扱説明書に「安全上のご注意」みたいな項目が大きく書かれていて「警告」「注意」内容が書いてあります。

困ったことにスマホのガラスフィルムは、なんと安全上の注意を一切書いていない商品がたくさんあります。

指を怪我したりする恐れがあるにも関わらず注意書きのない商品がたくさん出回っています。

値段の安さや9H、日本製っていう記述だけで商品を選ぶと危険性があります。安全性テストをまったく行なっていなかったり、怪我をしてもなんの補償も受けられない可能性があります。

まずはガラスフィルムの外箱をじっくりと見て、安全について記述があるか確認してから購入するようにしましょう。

ガラスフィルムは割れていなくても怪我することがある

ガラスフィルムは破損していない状態でも怪我をすることがあります。

ガラスフィルムの角や端は鋭くなっています。

紙で指を切ることがあるのと同様にガラスフィルムでも角や端で指を怪我する可能性は十分にあります。

画面上の指をスライドさせたりするときや、急に持ちかたを変えたりする際には注意してください。

ガラスフィルムは破損がみられたら使用を継続せず交換する

ガラスフィルムで少しでも破損が見られたらそのまま使用を継続しないですぐに交換しましょう。

ガラスフィルムは消耗品です。破損している状態で使い続ける商品ではありません。

スマホの液晶面の操作で指を怪我する可能性はもちろん剥がれた破片も大変危険です。

破損したガラスフィルムから剥がれ落ちた破片が、ポケットやカバンの中に落ちて指を怪我することがあります。

また寝具やソファーの上に破片が飛散していてもすぐにはわかりません。

破片が指に付着していることに気付かず、顔や目をこすったりするととても危険です。

破損したガラスを画面から剥がすときは、テープや薄いカードなどを使って端を浮かせて液晶面との隙間に空気を入れてゆっくりと剥がします。

ガラスフィルムはすでに破損している状態なので曲げないように気をつけます。

曲げるとさらに破損が広がったり割れたり破片が飛び散ったりして危険です。

まとめ

ガラスフィルムは強化してても割れる

ガラスフィルムを購入する際安全の注意書きがある商品を選ぶ

ガラスフィルムの角や端を触らない

ガラスフィルムが破損したらすみやかに交換する

 

液晶保護ガラスフィルム Amazonでみる

 

東京都 安全性の調査とテスト
商品等の安全性に関する調査・商品テスト
東京都庁の消費生活情報サイト。悪質商法など消費者被害防止、消費者教育、消費生活条例、商品安全、計量に関する情報など、東京の消費生活に役立つ情報を提供しています。