「予定」「予定」の発表になってしまったソフトバンク 2980円

SIM cards personal device スマートフォン Personal Device

ソフトバンクは2020年12月22日にデータ容量20GBで月額2980円のプランを2021年3月から提供開始することを発表しました。

しかしその内容は「予定」「予定」で詳細を詰め切れてない状態で発表させられてしまった感があるものです。

ソフトバンクは「SoftBank on LINE」コンセプトに月2980円

大手通信キャリアのソフトバンクは、現在サブブランドとして「Y!モバイル」と「LINEモバイル」を持っています。

今回の月額2980円のプランは、2021年3月に予定しているLINE株式会社とZホールディングス株式会社の経営統合を前提として実現するサービスになっています。

ニュースリリースでは「LINE株式会社と今後詳細を協議していくことにより実現するものです」となんとも歯切れの悪い表現になってしまっています。

また、「現在MVNOサービスを提供しているLINEモバイル株式会社については、今後ソフトバンク株式会社の100%子会社化および吸収合併に向けて検討を進める予定です。」と検討を進める予定の段階での発表になってます。

このニュースリリースは、当事者にあたるLINE株式会社もZホールディングス株式会社も連名ではありません。

まるで新聞報道に対してニュースリリースを出したかのような文面なんです。

実際、ニュースリリースより「ソフトバンクが2980円プランを発表する模様」の報道が先行でした。

詳細を詰め切れていないため「オンライン専用新ブランドの名称などの詳細は、決まり次第お知らせします。」ということです。

 

このサブブランドを本体に取り込んでいく流れでいくと、KDDIのサブブランド「BIGLOBEモバイル」が同じような道をたどる予感がしてきました。

 

20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
ソフトバンク株式会社の企業・IRページです。「20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供」をご紹介します。