スポンサーリンク
DJI Osmo Pocket

2018年春モデルの新しい9.7インチiPadは、APPLE PENCIL対応

iPad 6th gen with Pencil スマートフォン Personal Device
スポンサーリンク

2018年春モデルの9.7インチiPadは、APPLE PENCILに対応した

2018年春発売の第6世代iPadとAPPLE PENCIL、キーボード付きカバーのセットで使用中の僕がノーマルiPadで十分な理由を説明します。新しい2018秋モデルのiPad Proとの比較もします。

新しい9.7インチiPadがAPPLE PENCIL対応

2018年3月に発表された一番普通なiPadが、APPLE PENCILに対応してきました。
今までAPPLE PENCILはiPad Proに対応していました。ラインナップのなかで低価格な9.7インチiPadに対応したことから、今後発売になるすべてのiPadが対応になると予測できます。

iPadの新しくなった点はどこ?

新しいiPadはAPPLE PENCILに対応した以外は小規模な変更にとどまっています。サイズや厚さに変化はありません。

  • CPUが、A9からA10 Fusionになりました。
  • iOS11が複数アプリケーションを同時に扱えるようになったから左右で別のアプリケーションを動作させて利用することができるようになりました。アプリケーションが対応していれば、アプリケーション間でドラッグ&ドロップの動作ができます。
  • CPUが強力になったことからARアプリケーションがいろいろと出てくるようです。
  • APPLEのオフィスソフト群iWorksがAPPLE PENCIL対応になりました。

iPadは企業の一括導入によいタブレット

APPLEの発表によると、新しいiPadは学校現場での利用を考慮していることがうかがえます。学校と同様に一度に大量に納品されることが多い企業においても今回の新しいiPadは有用に思えます。

学校に導入されるようなタブレットは、継続してほぼ同じような商品が安定して提供され続けることが重要な要素の一つです。故障して新しく購入したり、次の年度にまた購入したりするときに、ラインナップがなくなっていたり、違う姿になっているようでは教育現場が混乱します。したがって今後もこのサイズ、画面のiPadが継続することを意味します。ノーマルなiPadではボタンや端子も大きな変更がなく続く可能性があります。変わるといっしょに使っているオプションも買い替えねばならないわけですから。

iPad本体とPENCIL、キーボードのセット購入で決まり

職場でPCの代替えとして十分に考慮に値するタブレットです。その場合、新しいiPadのほかに、APPLE PENCILとキーボード付きカバーを同時に揃えるとよいでしょう。

APPLE PENCILは共同作業をより便利にわかりやすくするのに役立つはずです。また、クライアントにプレゼンテーションしたり、サインしてもらうときにもAPPLE PENCILは有用です。

iPad Proの新製品が2018年秋に発売

iPad Proの新製品が2018年秋に発表されました。

サイズは11インチと12.9インチの2種類です。スリムベセル化することで11インチ版が従来の10.5インチモデルと同じサイズに、12.9インチのほうは25%小型化されました。

それに伴って、iPad Proはホームボタンの廃止とLightning端子を止めてUSB-Cになりました。

また、新しいAPPLE PENCIL(第2世代)が発表されました。持ち手部分が円状でなくなり、円の一部が平らになりiPad Proに磁石でくっつくようになりました。iPadにくっつけると持ち運びによいだけでなく、無接点充電がされます。

APPLEはプレゼンテーションで、iPad ProはクリエイターなどのPCからiPad Proへの置き換え需要、2台目需要を一定量狙っていることがうかがえます。iPad ProとノーマルiPadの棲み分けが進みそうです。

アプリも2つで同じアプリでなく、能力に合わせて同じアプリ名でもやれる範囲が異なるのアプリになる可能性があります。