スポンサーリンク

5Gスマホに買い替えたい

5G スマホ NTTドコモ スマートフォン Personal Device
スポンサーリンク

5Gスマホに買い替えたい

5G商用サービスに対応したスマートフォンをいつから買えるのか気になります。

NTTドコモは2019年9月からの5Gプレサービス発表会において3機種の5G対応スマートフォンを披露しました。

実際にNTTドコモやKDDI au、ソフトバンクから5G対応スマーフォンが販売されるのは2020年春モデルからになる予定です。

NTTドコモの5Gプレサービス対応機種

NTTドコモが5Gプレサービスの開始時に用意した5Gスマーフォンは3社3機種になります。

ソニーモバイルコミュニケーションズ(Snapdragon 855 + Snapdragon X50 5G modem)1機種、
サムスン電子(Snapdragon 855 + Snapdragon X50 5G modem)1機種、
LG Electronics(Snapdragon 855 + Snapdragon X50 5G modem)1機種。

ほかにシャープ製のデータ端末(Snapdragon 855 + Snapdragon X50 5G modem)もあります。

カッコ内を見てわかる通り、全部が同じCPUとモデムの構成ですね。

5Gサービスを体験できるショップ ↓

NTTドコモ 5G |ドコモショップで5G体験
【docomo 5G】身近なドコモショップで最先端の5Gを体験しよう!

5G商用サービスに対応した最新スマホ一覧

中国で2019年10月末から5G商用サービスが開始になりました。

中国での5G商用サービス開始にともなって発売になった5Gスマーフォンや韓国、ヨーロッパで発売の機種を挙げてみます。

ファーウェイ Mate20 X 5G 256GB / 512GB (7.2インチ、233g、Anroid OS、背面カメラ4000万画素 + 2000万画素 + 800万画素トリプルカメラ、前面2400万画素)

ファーウェイ Mate 30 5G 128G / 256G(6.6インチ、196g、Android OS、、背面カメラ4000万画素 + 1600万画素 + 800万画素トリプルカメラ、前面2400万画素)

Samsung Galaxy S10 5G 512GB(6.7インチ、198g、Anroid OS、背面カメラ1200万画素 + 1200万画素 + 1600万画素トリプルカメラ + 3D深度カメラ、前面1000万画素 + 3D深度カメラ)

LG V50 ThinQ 5G 128GB(6.4インチ、225g、Anroid OS、背面カメラ1200万画素 + 1600万画素 + 1200万画素トリプルカメラ、前面800万画素 + 500万画素カメラ)

OPPO Reno 5G 256GB(6.6インチ、215g、ColorOS 6 based on Android 9、背面カメラ4800万画素 + 800万画素 + 1300万画素トリプルカメラ、前面1600万画素)

Xiaomi Mi Mix 3 5G 64GB(6.4インチ、225g、Anroid OS、背面カメラ1200万画素 + 1200万画素、前面2400万画素 + 3D深度カメラ)

報道発表資料 : NTTドコモ、「5Gプレサービス」を9月20日(金曜)より開始 | NTTドコモ
NTTドコモ、「5Gプレサービス」を9月20日(金曜)より開始開始します。

 

 

コメント