Appleからクレジットカード「Apple Card」が出るらしいぞ!

Appleのクレジットカードはiphoneと連動 スマートフォン Personal Device

すでにApple PayがあるApple社がクレジットカード「Apple Card」を発表しました。

ほかのクレジットカードと何が違うのか調べてみました。

Appleからクレジットカード「Apple Card」が出る

Apple社は、発表会でクレジットカードを出すことを公表しました。

アップルが出すクレジットカードですから、iPhoneとApple Payに連動するのは当然でしょう。

ほかにどんな特徴があるのかを調べてみました。

Appleのクレジットカードは、Apple Wallet、Apple Payに連動するということですから、iPhoneで簡単に管理できるクレジットカードということです。

Appleのクレジットカードは、店頭でもオンラインでも使えて、クレカを使用すればすぐに決済の情報がiPhoneに届きます。

Applelカードのサポートは、iPhoneを通じて簡単に利用できます。

Apple Cardは地図とAIで仕訳してくれる

Appleカードは地図とAIで仕訳してくれる

カード決済をした経験がある人はわかると思いますが、明細書に表示されるのは決済者の名称と金額だけです。

下手をしたら決済代行会社の名前になっていて、あとになるとどこで何に使ったのかわからなかったりします。

アップルカードは、地図とAIを用いて、飲食なのか、ショッピングなのか、それともエンターテインメントの支出なのかを仕訳して、色分けやグラフを使って、利用者がどんな支出をしたのかわかりやすいようにしてくれるんです。

Appleカードの週間支出レポート

Apple Cardはポイントでなくキャッシュバックする

Appleカードはキャッシュバックを採用

Apple Cardは、ポイント制度でなくキャッシュバックを採用しました。

アップルカードの通常のキャッシュバックは2%、Apple関連の支出には3%となります。

キャッシュバックはApple Cardカードに毎日補填されて、支払いはもちろん、個人間送金に使うことも出来ます。

Apple Cardは年会費無料

Apple Cardはうれしいことに年会費が無料といいます。

アップルカードは、そのほか手数料も業界最低水準を目指すとしています。

スマートフォンと連動しているということで、計画的な返済の手助けをしてくれる仕組みが導入されます。

Appleカードの国際ブランドはマスターカードが付く

Appleカードはマスターカードと提携

日本で発行されているクレジットカードは、国際ブランドにVISAかMaster Cardかを選べる場合が多いんです。

Apple Cardはマスターカードと提携していて、アップルカードに付く国際ブランドはマスターカード一択になります。

アップルカードは、マスターカードが使える世界中の店舗で利用可能というわけです。

Appleカードは金属のチタン製実物クレカも発行される

なんとAppleカードはチタン製の実物カードも発行されます。

一部のカード会社では上級会員になると金属製のカードが発行されます。

アップルカードは普通会員のカードが金属です。

もうカードホルダーやカード会社は、金属カードに何のステータス性も見出せないということになりますね。

Appleによりクレカは金属カードが当たり前になろうとしています。

さらにApple Cardはクレジットカード番号がカードに刻印されていないんです。

これはセキュリティ強化できるといえ、店舗側が混乱する可能性大です。

スマホによるキャッシュレス支払いの波に乗り遅れている店舗に、カード番号のないクレカを提示したら、「これは会員カードだよ」と突き返されるのがオチです。

Appleは、一般消費者にApple Cardについての説明を店舗に対してやらせるつもりなのでしょうか。

実物Appleカードでの支払いはキャッシュバックが低下する

実物AppleカードはあくまでApple Payとかが使えない店舗での回避的な用途にだけ使ってほしいとことなのか、キャッシュバック率が1%に低下します。

Appleカード まとめ

  • Appleがクレジットカード「Apple Card」がアメリカで発表
  • AppleカードはApple Pay連動
  • AppleカードはiPhoneで支払い管理
  • Appleカードはキャッシュバックを採用
  • Appleカードはマスターカードが付く
  • 実物Appleカードは金属のチタン製
  • 今回のAppleカード発表はアメリカの話、日本上陸は未定