スポンサーリンク

APPLEが1兆ドル企業になった

iphone X スマートフォン Personal Device
スポンサーリンク

APPLEが時価総額1兆ドル

APPLEが米上場企業として、初の時価総額1兆ドル(約100兆円)の企業になった。

毎年のようにiPhone成長限界説のような予測が出たり、iPhone Xの販売不振ニュースにかかわらず、iPhone Xの高価格、高収益が結果として、iPhoneの平均販売価格を押し上げた模様。第六世代iPadも好調と聞こえているし、そのほかのサービスの伸びも堅調。その結果、株価が上昇し、時価総額1兆ドルの達成となった。

今後も価格が高いiPhoneが出続ける可能性

この体験から、米APPLEは今後も高販売価格のiPhoneをラインナップに入れることを継続していくと考えるのが妥当だろう。ほかのメーカーでも最近のスマホ新製品ラインナップは松竹梅と揃える傾向が見られる。1台約10万円前後する最高級の松、高級な松が約8万円~5万円、新興国・若年層向けの梅が4万円台~1万円台といった感じ。

次の到達点は、売上高2500億ドルの突破がいつになるか。この壁はなかなかに高い模様で、そのせいで成長の鈍化だ、壁だと言われている。ここを超えるには、ただたくさん売れるだけでなく、価格設定やラインナップの妙、いかに予定通りに発売でき、品切れせずに売り続けられるかの難しさがみえる。スマホは最先端技術の結晶なだけに、部品製造の困難さが足をひっぱったり、災害や中国との貿易戦争問題などがある。