auのpovoが基本料0円からに!

povo、基本料0円から始まるオールトッピング「povo2.0」 3GB 990円 スマートフォン Personal Device

auのオンライン専用プラン「povo」が基本料0円からのプランになります。

楽天モバイルの基本料0円と並ぶ形に進化します。

povo 2.0

これまでの「povo」プランを1.0として、今回の基本料金0円からのプランを「povo 2.0」と呼ぶようです。

povo 2.0は基本料を0円とし、必要に応じてデータ容量のぶんを追加で上乗せ払いする格好になっています。

プリペイド携帯電話のような有効期間の方式が採用されていて、

  • データ追加 1GB (7日間)  390円
  • データ追加 3GB (30日間)  990円
  • データ追加 20GB (30日間)  2700円
  • データ追加 60GB (90日間)  6490円
  • データ追加 150GB (180日間)  12980円
  • データ使い放題 (24時間)  330円

という形の課金になっています。

180日間有効の150GB 12980円を購入すれば、1月あたり換算で25GB 2163円の料金になります。

ほとんどデータ容量を消費しない人は、3GB 990円のトッピングで月額990円相当で利用できます。

日常は在宅勤務で外出せず、宅内Wi-Fiで接続し、出掛ける日だけデータ使い放題 (24時間)  330円を契約するという使い方も出来ます。

データ容量を追加購入しない場合、残りデータ容量がないときは、128kbの接続速度で追加料金なく利用できます。

ほとんど待ち受けで携帯電話を運用している人で、電話待受け、メールやLINEだけなら月0円で済んでしまいそうです。

海外出張や短期留学に行っている期間も休止しなくても0円で電話番号を維持できます。

※ 180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止や契約解除となることがあります

※ ユニバーサル料金がかかります

povo 2.0は、ポイ活みたいにギガ活してデータ容量をもらえる仕組みを採用

povo 2.0は、コンビニや飲食店などの日常生活で利用するさまざまな店舗やサービスを利用することで、データが貯まる「#ギガ活」できます。

「#ギガ活」とは、日常で利用する店舗の利用でギガを「もらう」、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガを「さがす」、店舗やオンラインサービスなどの利用でギガが「あたる」という3種類があります。

たとえば、au PAYを使って、コンビニや飲食店などの特約店で買い物や利用をするとデータがもらえます。

一例を挙げると、「ローソン」や「ウエルシア」「すき家」でau PAYの支払いで500円以上購入で300MB (3日間) のデータがもらえます。

対象店舗・サービス

  • ウエルシア 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • カインズ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
  • コナズ珈琲 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • すき家 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • ドトールコーヒー 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • はま寿司 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • ビッグエコー 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • ヒマラヤ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
  • ベイシア 2,000円以上の購入 1GB (7日間))
  • 丸亀製麺 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • menu 500円以上の購入 300MB (3日間)
  • ローソン 500円以上の購入 300MB (3日間)

※ 2021年9月13日時点

povoとau PAYの相性はバッチリですね。

povoユーザーなら、お支払いはau PAYでしないと損してしまいます

 

povo、基本料0円から始まるオールトッピング「povo2.0」を提供開始
KDDIのニュースリリース povo、基本料0円から始まるオールトッピング「povo2.0」を提供開始

 

コメント