スポンサーリンク

メタタグを編集する必要はありますか?

ltfree-personal-device ウェブ Web
スポンサーリンク

メタタグの重要性

ウェブページには、見ている人の目に触れないところにメタタグが書かれています。メタタグには、どんな内容が記述されたコンテンツなのか、だれが書いたのかなどの情報が入っています。

メタタグは、googleなどの検索サイトがページの仕分けをするときに情報源として利用されます。検索エンジンが自動的に情報を集めるようになった初期のころ、ページを見てほしい人にとって、とても重要な項目でした。

検索ランキングの計算には使われない

現在、性能がよくなった検索エンジンはかつてほどにメタタグを重視していません。2009年の時点で、googleは「もうメタタグを検索ランキングに使ってないよ」って公式に言っています

そうなった理由は、

  • 内容と関係なくメタタグを小細工する人たちが増えたこと
  • 本文すべてを精査して検索ランキングに反映できるくらいのコンピューター能力向上

などによります。

メタタグの記述は不要か

では、「もうメタタグを記述しなくてもよいのか?」というと、そうではありません。大手検索サイトのランキングにほとんど影響を及ぼさないようになったけれど、今でも検索結果の紹介文に利用されることがあります。

また、最近ではウェブページがシェアされたとき、メタタグの情報に基づいて、簡素な紹介と画像が自動的に掲載される機能があるブログやSNSがあります。そのように今でもメタタグは利用されています。

バック・トゥ・ベーシック

ウェブデザイナーの間ではメタタグの記述について、メタタグ本来の目的に沿って誠実に記載しようという流れにあります。W3で策定された目的の通りに書くことが、ウェブページの正当な評価につながると考えられています。W3Cのサイトに書かれた、HTML 5.2: 4.2.5. The meta elementあたりを参照しておくとよいでしょう。