スポンサーリンク

10年で生保申し込みの半分がスマホ経由に

スポンサーリンク

生命保険のように人生に大きな影響を与える契約についてもスマホで行なう時代に


ライフネット生命会長・出口治明「例えばライフネット生命を開業したときは、スマホの普及はほぼゼロでした。全てパソコン経由で生命保険を買っていただいていました。たかだか10年前の話です。それが、今ではスマホから生命保険を購入する人が半分くらいになりました。」

10年前といえば、PCかガラケーという時代。さすがにガラケーの表示や情報量で、生命保険の契約をというのは難しいと想像できる。通信速度も今のように早くないし、1ページに表示可能な情報量もとても少なく、常にファイルサイズを気にしていた。そんな状況下では資料申し込みがいいところだろう。

今では高齢者もスマートフォンで子供や孫とLINEする時代になった。高齢者向けの機能限定スマホでは制限が多く不満が多かったのか、通常のスマホに高齢者向けランチャーを搭載して売る機種も出てきた。通信速度もはやい。動画を用いた説明なども使える。

前出では半分がスマホ経由になったと言っているが、自分が関係しているコンテンツのアクセス元デバイス解析で、80%がスマホ、10%がPC、10%がタブレットというアクセスになっているものもある。

一方、いまだにスマホ対応に積極的でないところも多い。実にもったいない。