スポンサーリンク

TLS 1.3に対応しているブラウザやサーバー

ウェブ ウェブ Web

TLSは、インターネットの通信内容を暗号化技術のことで、現在はTLS 1.2が広く使われています。徐々に最新版のTLS 1.3に対応したブラウザーやサーバーが増えてきました。

スポンサーリンク

TLS 1.3に対応しているブラウザやサーバー

TLS 1.3は、TLS 1.2に比べてセキュリティ面の強化はもちろん速度向上が期待できます。

大手ブラウザーでは、ChromeやFirefoxの最新版がすでにTLS 1.3に対応しています。

Edge、Safariはまだ対応していません。

 

サーバー側は、OpenSSLがTLS 1.3に対応済です。

古い仕様であるTLS 1.0やTLS 1.1は、来年2020年には無効化される予定になっています。

インターネット上にいまだにTLS 1.0鯖が一割弱残っています。サーバーがTLS 1.2に対応出来ていない場合、早急に対処する必要があります。