スポンサーリンク

WordPressはコーディング規約がある

program ウェブ Web
スポンサーリンク

コーティング規約は理解を助けミスをなくす

コーティング規約とはコードを書いていくときの決まり事のことです。かつて、インターネットに接続していないコンピュータ機器では一人のスタープログラマーが天才的なコードを書いて、サイズが小さく速く動けば、「すごい!」ともてはやされたりもしました。しかし、天才にしか書けないコードというのは、ほか多数の凡人には何がどうなっているのか理解することが難しいということもあります。

現在、一部の開発を除いてコードの容量をほとんど気にすることはありません。独りだけで開発するよりも、複数人で開発することのほうが普通です。

また、継続してコードを保守していく必要があります。アップデートする場合、セキュリティ対策をする場合などがあります。開発した人がずっと保守できるとは限らず、当初の開発時には参加していなかった人が担当になることもあります。

そこで「コーティング規約」です。一定の約束事のもとでコードを開発しておけば、あとになっても何がどうなっているのか理解しやすく、メンテナンスしやすいものになります。また規約には記述ミスや勘違いを防ぐ目的もあります。

WordPressのコーティング規約

WordPressは今さら言うまでもなく、とてもたくさんのウェブサイトで利用されています。テーマやプラグインを好きに選んで使って機能を拡張できる仕組みが用意されています。

そのため、ウェブサイトは他のだれかが書いたコードの上で走っているということになります。たくさんの人がコードを書いていることです。もしこれが俺ルールのコードだらけだったら大混乱ですね!

そんなわけで、WordPressにはコーティング規約が存在します。デザイナーや開発者の人は、たとえ外部に出さないコードであっても、ちゃんとコーティング規約に従って書いていくべきです。

WordPress Coding Standards

WordPress コーディング規約