パナソニック、4Kチューナー内蔵の薄型テレビ HX950, HX900, HX750シリーズを新発売

パナソニック、4Kチューナー内蔵の薄型テレビ HX950, HX900, HX750シリーズを新発売 4Ktv

パナソニックは、BS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵した液晶テレビの「4Kビエラ」 HX750シリーズを3機種(55V、49V、43V型)、HX900シリーズ3機種(75V、65V、55V型)、HX950シリーズ2機種(65V、55V型)を新発売します。

もっとも早い機種で発売は7月下旬です。

ほか機種は8月~10月にかけて発売になります。

パナソニック、4Kビエラ HX750シリーズの特徴

パナソニックの4Kビエラ HX750シリーズは、55インチ、49インチ、43インチの3機種が発売になります。

49、43インチがあるのは今回新発売になるシリーズの中ではこのシリーズのみになります。

GX750、GX755シリーズの後継機種になります。

本シリーズは、新4K衛星放送の高画質機能をさらに充実させて、明るく鮮やかに4K番組を楽しめる「色忠実補正回路」「エリアコントラスト制御」「クリアモーション」を備えています。

さらにHDR規格の「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に新たに対応しました。これで、HDR10、HLG、最新のHDR規格であるHDR10+、Dolby Vision(ドルビービジョン)」の4方式対応になりました。

スピーカーは、30 Wのダイナミックサウンドシステムに加えて、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」を採用、上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響が楽しめます仕上がりになっています。

インターネットの動画配信サービスは主だった動画配信のほとんどに対応しています。

Amazonプライムビデオ、Netflix、U-NEXT、hulu、d-TV、YouTube、Abema TVなどに対応しています。

リモコンにはNetflixとABEMA専用ボタンを搭載しています。

発売は8月下旬の予定です。

パナソニック、4Kビエラ HX900シリーズの特徴

パナソニックの4Kビエラ HX900シリーズは、HX750より大型になる75インチ、65インチ、55インチの3機種が発売になります。

本シリーズは、新4K衛星放送の高画質機能をさらに充実させて、明るく鮮やかに4K番組を楽しめる進化した「AI HDRリマスター」に加えて「ヘキサクロマドライブ」「オブジェクト検出 倍速表示」「ダイナミックメタデータクリエーション」を備えています。

HDRは、HDR10、HLG、最新のHDR規格であるHDR10+、Dolby Vision(ドルビービジョン)」の4方式に対応しています。

スピーカーは、30 Wのダイナミックサウンドシステムに加えて、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」を採用、上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響が楽しめます仕上がりになっています。

インターネットの動画配信サービスは主だった動画配信のほとんどに対応しています。

Amazonプライムビデオ、Netflix、U-NEXT、hulu、d-TV、YouTube、Abema TVなどに対応しています。

75インチは7月下旬、ほか10月発売予定。

パナソニック、4Kビエラ HX950シリーズの特徴

パナソニックの4Kビエラ HX950シリーズは、プレミアム液晶ディスプレイを採用した、65インチ、55インチの2機種が発売になります。

本シリーズは、新4K衛星放送の高画質機能をさらに充実させて、明るく鮮やかに4K番組を楽しめる進化した「AI HDRリマスター」に加えて「ヘキサクロマドライブ」「オブジェクト検出 倍速表示」「ダイナミックメタデータクリエーション」を備えています。

HDRは、HDR10、HLG、最新のHDR規格であるHDR10+、Dolby Vision(ドルビービジョン)」の4方式に対応しています。

スピーカーは、テレビ背面上部に上向きに配置した「イネーブルドスピーカー」を搭載、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」を採用、上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響が楽しめます仕上がりになっています。

インターネットの動画配信サービスは主だった動画配信のほとんどに対応しています。

Amazonプライムビデオ、Netflix、U-NEXT、hulu、d-TV、YouTube、Abema TVなどに対応しています。

発売は8月下旬から。