HISモバイル

コード決済はJPQR方式に来週移行

JPQR 統一QRコード バーコード 決済 コンテンツ

LINE Payやメルペイ、楽天ペイなどのコード決済サービスが8月1日からJPQR統一様式のコード決済に移行する予定になっている。

コード決済はJPQR方式に来週移行

LINE Payやメルペイ、楽天ペイ、ゆうちょPayなどは8月1日からJPQR統一様式のコード決済に移行する。

コード決済の仕組みは各社が独自に設計していたが、それが導入コストや期間、普及のさまたげになることがあったり、セキュリティが問題になることがあった。

そこで一般社団法人キャッシュレス推進協議会が2019年3月に、安心安全なセキュリティ基準を定めたコード決済の技術ガイドライン 統一QRコードバーコード JPQR を策定した。

同協議会に加盟する会社はコード決済の仕組みをガイドラインに沿う形にすることになり、8月1日に一斉に移行する。

今回、JPQRに移行するのは、

  • au PAY
  • 銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ(アプリ決済)
  • りそなウォレット

の各社となっている。

ほかに、年内に6サービスが統一様式のJPQRに移行する予定という。

JCBの展開するSmart Codeが、このJPQRに準拠している。

Smart Codeに参画しているキャッシュレス決済なら、「S」マーク(Smart Codeマーク)がある加盟店で使える。いまいちメジャーじゃない銀行Payなどの多くがこれに参画している。

 

「2019年8月1日(木) 午前3:00」より JPQR(利用者提示型・バーコード)に移行する コード決済サービスが確定いたしました。 | 一般社団法人キャッシュレス推進協議会 - PAYMENTS JAPAN
背景 一般社団法人キャッシュレス推進協議会では、2019年3月29日に「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン」を公表させていただきました。また、2019年4月26日に、JPQR(利用者提示型・バーコード)について、切替目標を「2019年8月1日(木) 午前0:00」とし、検討を行うことを公表しております。 その後...