楽天モバイル、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は”携帯乞食”向けプランか

楽天モバイル、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」はMNP"携帯乞食"向けプランか スマートフォン Personal Device

大手携帯キャリア3社のプランが出そろった最後に楽天モバイルが対抗プランを発表しました。

元々、他社が20GBに対して同額でデータ通信無制限(楽天ネットワーク内)でしたが、あまり通信しない人向けに1GB以下ならナント0円1~3GBで980円、3~20GBで1980円の段階制料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」にしてきました。

※ Rakuten Linkアプリで国内通話無料。回線契約 1回線めだけ1GB以下無料、2回線目以降は0~3GBで980円

楽天モバイルで詳しくみてみる

Rakuten UN-LIMIT VIは携帯乞食を呼び込んでしまう恐れ大

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」(ラクテン アンリミット シックス)は、大手携帯キャリア3社に対抗するだけでなく、ほかの格安携帯電話会社のプランに対しても破壊力十分です。

格安SIMでは、3GBで月額1480円~1680円がこれまでの相場でしたが、楽天モバイルなら月980円ですんでしまいます

手厚いサポートが必要な携帯電話の操作を苦手とする人以外は、携帯電話会社乗り換え(MNP)の大きな候補になるでしょう。

Rakuten UN-LIMIT VIは1GB以下なら月額0円、3Gでも980円の破壊力

格安携帯電会社も大手3社のプラン発表を受けて2021年3月以降の料金プランを練っていたはずですが、楽天モバイルのこの発表を受けて計画案よりもさらなる値下げを余儀なくされる格好です。

今の3GBで月1680円のままではもう新規契約を望めません。

体力で劣る会社は合併したり吸収されたり格安携帯電話会社の再編にもつながるかもしれません。

携帯電話料金が安くなることは喜ばしいですが、ほかの理由で喜んでいるのが”携帯乞食”のみなさんです。

楽天モバイルは寝かせ携帯に最適の携帯電話会社になった

楽天モバイルは安くスマートフォンを買えることで以前から人気がありました。

今回の新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、魅力的なMNPキャッシュバックや超安くスマートフォンを買える条件が来たときにMNPするために、電話契約を寝かせておくのにピッタリな料金プランになりました。

なにせデータ通信料1GB以下なら0円ですから、労せずしてただ寝かせてだけで維持費がかからないことになります。

今まであの手この手で寝かせ契約の維持費を安くする方法を実践していた”携帯乞食”のみなさんはもう悩む必要ないんです。楽天モバイルならかんたんに維持費0円でキープできてしまいます。

さらに楽天モバイルの契約があれば、楽天市場や楽天ブックスで有利に買い物することができます。

※ キャンペーンにより開通日からプラン料金1年無料の後はユニバーサルサービス料がかかります

まとめ

楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、携帯電話をあまり使わない人やWi-Fi環境下でデータ通信することがほとんどの人にとって魅力的なプランです。

また、魅力的なキャッシュバック条件を待ち受ける人にとって、携帯電話契約を寝かせておく最適なプランが出来ました。

楽天モバイルで詳しくみてみる