2021年春からの格安携帯電話会社の携帯料金まとめ

SIM cards personal device スマートフォン Personal Device

大手携帯電話会社が20GB 2480円、2980円と月額料金を下げてきたのに格安SIMの各社も対抗しないわけにいきません。

格安携帯電話会社がどのような料金プランで対抗してきたか、2021年春からの料金プランをまとめました。

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル(Y!mobile)は2021年2月18日から5G対応の新シンプルプランを提供開始します。

シンプルS 3GB 1980円/月、
シンプルM 15GB 2980円/月、
シンプルL 25GB 3780円/月(税抜)

1回線だけだと微妙な価格設定です。

しかし、2回線目いこうは1080円引きされて、それぞれのプラン料金が900円、1900円、2700円になります。

UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイル(UQ mobile)は2021年2月1日から新くりこしプランを適用できます。

くりこしプランS 3GB 1480円/月、
くりこしプランM 15GB 2480円/月、
くりこしプランL 25GB 3480円/月(税抜)。

※ UQ学割あり

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは3月に新プランの発表を行なう予定です。

現行プランは、
1GB 1180円/月、
3GB 1480円/月、
6GB 1980円/月、
10GB 2880円/月、
20GB 4400円/月、
30GB 5980円(税抜)

IIJmio

IIJmioは2021年2月24日に、4月1日からの5Gにも対応した新ギガプランを発表しました。

2ギガプラン 2GB 780円/月、
4ギガプラン 4GB 980円/月、
8ギガプラン 8GB 1380円/月、
15ギガプラン 15GB 1680円/月、
20ギガプラン 20GB 1880円/月(税抜)

mineo

mineoは2021年2月1日から新料金プラン「マイピタ」が出来ました。

1GB 1180円/月、
5GB 1380円/月、
10GB 1780円/月、
20GB 1980円/月

※ デュアルタイプ(音声通話+データ通信)の場合

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの新プランは下記の通りです。

1GB 980円/月、
3GB 1200円/月、
6GB 1700円/月(税抜)

ほかに12GB以上向けプランも用意する予定です。

※ 家族割あり

LINEモバイル

LINEモバイルは、「2021/3/31(水)11:00に、格安SIM(MVNO)「LINEモバイル」のウェブでの新規申し込みを停止することになりました」と発表しています。

LINEモバイル既契約中の利用者はそのまま利用できますが、新規契約は3月1日から店舗ごとに順次停止していきます。

今後はソフトバンクが発表した「LINEMO」(ラインモ, Softbank on LINE)の20GB 2480円だけを新規契約できる形に移行するようです。

500MB 1100円/月、
3GB 1480円/月、
6GB 2200円/月、
12GB 3200円 /月(税抜)

HISモバイル

HISモバイルは2021年2月10日から新しいプラン「格安弐拾プラン」(かくやすにじゅうぷらん)を発表しました。

ほか、一部新聞で30GB 3720円という報道が出ました。

格安弐拾(かくやすにじゅう)プラン 20GB 1980円/月(税抜)

※ 70分ぶん無料通話付き、追加1GB 250円、iPhone修理の「アイサポ」と提携

日本通信

日本通信は、「合理的20GBプラン」を発表しました。

20GB 1980円/月(税抜)

ほかに従来プランのWスマートプラン 3GB 1580円/月があります。

y.u mobile(ワイユーモバイル)

y.u mobile(ワイユーモバイル)は2021年3月1日からの新料金プランを発表しました。

シングルプラン 5GB 1490円/月、
シェアプラン 20GB 3980円/月。

※ データチャージは1GB 300円、10GB 1500円。シェアプランは1,2人の場合の料金(3人 4980円、4人 5980円)

格安SIMの速度を実測で比較【2020年最新版】
格安SIMで気になるのは、大手キャリアと比較して混み合う時間や場所で通信できない、通信速度が遅くなる問題です。 2019年4月~2020年1月の期間、新宿で実測した格安SIMの速度比較の情報になります。 格安SIMの下り最速はどのブ...