スポンサーリンク

Gmailのエイリアス(別名)を使う方法

スポンサーリンク

簡単に別名メールアドレスを持てる

スマートフォンを使っている人のほとんどが、Gmailアドレスも所有しています。googleアカウントが1つあれば、複数の別名メールアドレス(エイリアス)を持つことができる仕組みがGmailで提供されています。

> ユーザー名の後にカテゴリを追加すると、簡単にメールを分類できます。
>
> たとえば、次のエイリアス宛に送信されたメールはすべて janedoe@gmail.com に届きます。
> janedoe+school@gmail.com
> janedoe+notes@gmail.com
> janedoe+important.emails@gmail.com

という具合です。元のメールアドレスの@の左側に+をつけてその後ろに好きな言葉を追加して使えます。

買い物用、ゲーム用、情報受信用などと使い分けができます。また、メールのフィルタリング(自動振り分け機能)を使ってラベルに仕分ければわかりやすくなります。

ただし、ビジネス用や学校用のアカウントと違い、個人のエイリアスは受信専用となります。エイリアスからのメール送信はできないので、アカウント新規登録時にメール送信が必要な場合には使えません(が、あとから登録メールアドレスの変更が可能な場合には使えます)。

欧米人特有の理由からの別名アドレス

名前のメールアドレスを作る場合、姓と名をつなげてしまうとわかりにくい場合がありますね。日本人の名前であればまだ察することはできますが、欧米人の名前の場合いったいどこが区切りなのかわからない場合もあります。

区切りを明確化するために「.」が姓と名の間に入れてメールアドレスにしている場合があります。またミドルネームなどをフルに書くと長くなってしまったりするので「.」を使って省略したりします。

そこに問題があります。友達や知り合いがいざメール送信しようとしたり、連絡先に登録しようとしたときに「.」の有り無しを間違えてしまうのです。「.」の有り無しでまったく別の人に届くと、留守電に残っている間違い電話のメッセージみたいなことになったり、セキュリティ上でも問題がありますね。

ゆえにgoogleのメールアドレスは「.」が有っても無くても同じメールアドレスに届くようになっています。さすがの仕様ですね。裏を返すと「.」の有りと無し版を別個に新規登録できません。

この仕様を利用して、今利用しているメールアドレスの@左側部分2文字目以降の好きなところに「.」を挿入しても、利用中のメールアドレスにちゃんと届くのです。

大文字小文字も同一視

同様な理由からメールアドレスの大文字と小文字も同一視されます。全部大文字でも、全部小文字にしても同じところに届きます。大文字と小文字を区別しているウェブサイトやメーリングリストの登録などに利用できるテクニックです。

登録に用いたメールアドレスを勝手にリスト業者に売り飛ばしたり、こっそり使ったりする業者もあります。ハッキングにあって漏洩してしまうこともあり得ます。別名アドレスを使っておいたら、スパムが来たときにどこが原因か一目瞭然のバレバレという話。