スポンサーリンク

Huaweiに対してGoogle Androidのサポート停止か

Huawei Google Android スマートフォン Personal Device

Huaweiに対してGoogle Androidのサポート停止かと報道が出ました。

米国政府は2019年5月に国家の安全保障に脅威をもたらす恐れがある企業への製品供給や技術供与を禁止する措置を発表しました。

これによりファーウェイに対して部品の供給や取引を停止する企業が出てきています。

Huaweiに対してGoogle Androidのサポート停止報道は、その流れの一環と思われます。

スポンサーリンク

Huaweiに対してGoogle Androidのサポート停止か

HuaweiのスマートフォンなどではGoogleのAndroidがOS(基本ソフトウェア)として使用されていています。

これに対してGoogleが技術サポートしています。

またAndroid OS上ではGoogleの各種アプリが動いています。

各社がリリースしている各種アプリは、Google Play上で提供されている格好です。

Huaweiは、これらを今後一切使えなくなる可能性があります。

なお、すでに発売済の既存のスマートフォンについては継続してサポートされ、Googleのアプリも使用が可能だとしています。

Android OS自体は(だれもが使える)オープンソースであるため、ほぼAndroidのクローンOSをファーウェイは使えますが、問題は使えるかどうかではありません。

Googleからサポートされないということは、セキュリティ情報やリリース前サポートが受けられなくなり、優位性のないその他大勢と同レベルに堕ちるということです。

こんな報道が出れば既に発売済みのスマートフォン端末であっても購入をためらう人が出ることは目に見えています。

ファーウェイは、AppleのiPhoneと同じくらいの出荷台数をほこります。

そんなHuaweiが今後出すスマートフォンの新製品では、現在標準的に使われているGoogleのサービスが一切使えなくなります。

そうなればGoogleサービスに使っている企業や個人はHuaweiの新端末に機種変更したら困ることになるので、他メーカー機に乗り換えることになります。

もしGoole Playからファーウェイを締め出すことになれば、アプリ開発業者は大きな市場を失うことになり死活問題になりかねません。

これは、連鎖する大きな問題です。

 

大手キャリア夏モデルの未発売モデルで発売延期の動き

NTTドコモやソフトバンク、auといった大手携帯電話会社が先日発表した夏モデルのファーウェイ スマートフォンが、予約の受付停止や販売延期の動きが出ています。

キャリアはファーウェイの未発売モデルについて、今後のサポートがどうなるのか見極める必要があるためとしています。

理由の1つにファーウェイのスマートフォンは、Google Android上で動作していて、そのGoogleがファーウェイとの取引を停止する意向であること。

もう一点は、アメリカ商務省の禁輸規則「エンティティ―リスト」に、中国ファーウェイとその子会社であるファーウェイ日本法人が掲載されていることです。

ファーウェイ日本法人と取引することがアメリカ商務省に対する規則違反になる可能性があります。