NTT DoCoMo新料金プランの衝撃 – 格安携帯電話会社各社の料金プラン値下げ必至に

NTTドコモの新料金プラン「ahamo 20GB 2980円」発表 スマートフォン Personal Device

NTTドコモが2021年3月開始の新料金プラン「ahamo」を発表した。

月額2980円(税別)でデータ通信20GB、5G OKというプランだ。

このプラン発表を受けて、大手キャリアはもちろん、格安携帯電話各社も料金プランの値下げを余儀なくされる展開になった。

NTTドコモの新料金プラン「ahamo」とは

NTTドコモの新料金プラン「ahamo」は、月額2980円でデータ通信20GBまで利用可能なプランになっている。

20GBを超過した場合でも、1MBの高速通信が可能だ。

また、1GBあたり500円(税別)でデータ容量を追加できる。

通話のほうはこの2980円に、5分間までの国内通話が何度でも無料で使うことが可能で、オプション1000円で国内通話話放題に変更できる。

また、法人利用や海外旅行に行く客も多く顧客に持つNTTドコモらしく、この20GBの月間データ容量で海外82の国々と地域で追加料金なく利用でき、1日いくらというローミング料金が不要で海外でもデータ通信できる。

ahamoは、オンライン受付のみだったり、ドコモユーザーもMNPしないといけないなど、元々はオンライン特化サブブランドとして準備されていたようだ(ahamoはプラン名でなくサブブランド名だったか?)。

しかし、サブブランドでの値下げは料金値下げとみなさない、移行の手間や費用がかかるという大臣発言を受けて急遽NTTドコモの手数料ゼロプランに変更したのだろう。

※ 「SMS(1通あたり3円)」 や(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は5分通話無料の対象外で、5分をこえる国内通話は20円 / 30秒

 格安携帯電話会社の料金プラン値下げ確実

このNTTドコモの新料金プラン「ahamo」に慌てるのが、格安携帯電話会社各社だ。

 

現状の各社の料金プランが近いか、20GBの料金プランを挙げてみる。

 

Y!モバイル(ソフトバンク系)のプランR 4680円で17GB。

UQモバイル(au系)のプランR 2980円で10GB。

大手キャリア サブブランドの料金プランで「ahamo」より劣るプランになってしまう。

 

OCNモバイルの20GBは4400円。

IIJmioの12GBで3270円。

mineoの20GB(ドコモ回線)で4680円。

BIGLOBEモバイルの20GBで5200円。

LINEモバイルの12GBで3200円。

※ いずれも~6カ月までの割引や家族割なしの料金

 

一覧して分かる通り、NTT DoCoMoの新料金プラン「ahamo」に劣ることがわかる。

大容量プランを中心に全体的に月額料金を値下げしなければ、NTTドコモより料金が高く、格安携帯電話会社と呼べなくなってしまう。

これから来年に3月に向けて、携帯電話各社から料金プラン改正のニュースリリースが相次いで発表されるだろう。

報道発表資料 : 新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表 | お知らせ | NTTドコモ
新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表いたします。