格安SIM

スマートフォン Personal Device

auのpovoが基本料0円からに!

auのオンライン専用プラン「povo」が基本料0円からのプランになります。 楽天モバイルの基本料0円と並ぶ形に進化します。 povo 2.0 これまでの「povo」プランを1.0として、今回の基本料金0円からのプランを「povo ...
スマートフォン Personal Device

今買える、ミドルクラスとエントリークラスのスマートフォンを比較 – 2021年9月

今、購入できるスマートフォンのうち、ミドルクラス(中級)、エントリークラス(初級)の商品について、比較します。 購入の参考にしてください。 なお、価格は新しい製品が出たり、キャンペーンにより随時変化します。 また、機種変更...
スマートフォン Personal Device

楽天モバイルが500万回線を突破

「Rakuten UN-LIMIT VI」プランで事業展開している楽天モバイルは、携帯キャリアサービスとMVNOサービスあわせて合計で契約数が500万回線を突破したと発表しました。 2021年4月からiPhoneの取り扱いがはじまり加速し...
スマートフォン Personal Device

HISモバイルの新料金プラン「格安ステップ」とは

HISモバイルが新しく導入した新料金プラン「格安ステップ」について解説します。 電話の専用アプリがいらない、HISのお得な通信プラン「格安ステップ」 HIS Mobile(HISモバイル)は6月28日から、電話もデータも格安になる新しい...
スマートフォン Personal Device

国際ローミングはahamoが圧勝

データ通信量が20GB以下の音声プランは大手携帯電話を含めて3000円以下の料金に落ち着きました。 コロナ禍が収束して海外旅行や海外出張に行けるようになったときに気になるのが、海外でデータ通信するときの料金です。 海外で使えるデ...
スマートフォン Personal Device

スマホ料金プラン キャリアから「乗り換えたいと思わない」理由

2021年3月や4月にスマホの新料金プランがたくさん動き出します。 すでに新スマホプランの受付が始まっている中には「ahamo」のように事前登録だけで100万契約を超えているものも出ています。 ahamoがアンケートで乗り換えた...
スマートフォン Personal Device

2021年春からの格安携帯電話会社の新プランまとめ

大手携帯電話会社がahamoやpovo、LINEMOを20GB 2480円、2980円と月額料金を下げてきたのに格安SIMの各社も対抗しないわけにいきません。 格安携帯電話会社がどのような料金プランで対抗してきたか、2021年春からの...
スマートフォン Personal Device

楽天モバイル、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は”携帯乞食”向けプランか

大手携帯キャリア3社のプランが出そろった最後に楽天モバイルが対抗プランを発表しました。 元々、他社が20GBに対して同額でデータ通信無制限(楽天ネットワーク内)でしたが、あまり通信しない人向けに1GB以下ならナント0円、1~3GBで9...
スマートフォン Personal Device

「予定」「予定」の発表になってしまったソフトバンク 2980円

ソフトバンクは2020年12月22日にデータ容量20GBで月額2980円のプランを2021年3月から提供開始することを発表しました。 しかしその内容は「予定」「予定」で詳細を詰め切れてない状態で発表させられてしまった感があるものです。...
スマートフォン Personal Device

大手キャリアのサブブランドへの乗り換えが進むか

「日本の携帯電話通話料金は世界水準と比べて高い」という政府発言を受けてソフトバンクとauはサブブランドの低価格大容量プランを発表しました。 しかし、ブランド間の乗り換えには費用がかかること、サブブランドへ乗り換える手続きの敷居の高さが...