ゲーム実況や攻略情報の動画を投稿するときの注意点

AI 機械学習 ディープラーニング ウェブ Web

ゲーム実況や攻略情報の動画は人気があります。

でも、これらをネット上に投稿するときには注意点があります。

ゲームは著作物です

まず大事なことは、ゲームは著作物だということです。

著作物で知的財産なので、法律で守られていますし、勝手に利用していいものではありません。

そのため、ゲーム会社は、ゲーム実況やゲーム攻略の動画を取扱う人に向けて、たとえば

「任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショット(以下「任天堂のゲーム著作物」といいます)を利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張いたしません。ただし、その投稿に際しては、このガイドラインに従っていただく必要があります。」

みたいに書いています。

ルールや条件を守ったうえで投稿するならOKですよというスタンスを取っているところが多くあります。

これは、ゲーム会社やゲームソフトによるので必ずゲームごとに確認をしたほうがよいです。

ゲームにはさまざまなコンテンツホルダーや権利者が絡んでいます。

必ずしもAのゲームでOKだったから、Bのゲームでも同じ条件でOKというわけではないのです。

ゲームの動画を投稿したい裏に、それでお金を稼ぎたいという望みがあるかもしれません。

しかし、著作物であり知的財産なので、それを使ってフリーライドで勝手に収益をあげる使い方をすることはNGです。

ゲームに関する動画はガイドラインが指定する収益システムでだけ認められる

ゲームに関する動画投稿やライブ配信は、ガイドラインが指定する収益システムでだけ認める形を取っています。

具体的に認められた収益システムの例を挙げると、

  • Facebook 「Facebook Game Streamer」および「Facebook Level Up Program
  • ニコニコ動画/生放送 「クリエイター奨励プログラム」および「ニコニコチャンネル
  • OPENREC.tv 「OPENREC Creators Program
  • Twitch 「Twitchアフィリエイトプログラム」および「Twitchパートナープログラム
  • Twitter 「Amplify Publisher Program
  • YouTube 「YouTubeパートナープログラム
  • TwitCasting  「ツイキャス・マネタイズ」内の「ライブ収益
  • Mirrativ 「ギフト

などです。

これも何を認めて、何を認めないかは、ゲーム会社やゲームソフトごとに異なっていたり、随時変更されます。ずっと同じではないので定期的に確認する必要があります。