Amebaブログの方針転換でアフィリエイト広告不可に逆戻り

ブログ 翻訳 アフィリエイト

以前、Amebaブログで全面的に副業が可能になったという記事を書きました。

それからたったの1年ちょっとでアメーバブログが方針を転換、また好きな各種アフィリエイト広告を掲載できなくなってしまいました。

2018年12月25日、Amebloが全面的に好きなアフィリエイト広告を貼り付けできるルールに変更

過去記事の通り、アメブロでアフィリエイト広告の全面解除になってたんです。

アメーバブログが全面的に副業可になった
アメーバブログ(アメブロ)はこれまで一部の提携広告に限り、一般ユーザーが広告を貼り付けることを許していました。 2018年12月25日、Amebloが全面的に好きなアフィリエイト広告を貼り付けできるルールに変更されました。 ...

各アフィリエイト広告代理店からもその旨のリリースがされました。

ところが今回それらの新規掲載が禁止になってしまいました。

アメブロでアフィリエイト広告を掲載できなくなった理由

アメブロで各種のアフィリエイト広告を掲載できなくなってしまった理由は、簡単です。

Amebaブログが自らアフィエイト広告代理店業に乗り出したからです。

Ameba PickというAmebaブログが提供する新しいアフィリエイト機能をアメブロに搭載したのです。

自らが提供するから他社のアフィリエイトを掲載することまかりならんというわけですね。

html編集を使い、他社ASPのアフィリエイトリンクを貼り付けての投稿ができなくなります。
全ての他社アフィリエイトサービスのアフィリエイトリンクをブログに直接貼り付けて投稿することができなくなります。
Ameba Pickにて提供している案件より、ご利用をお願いいたします。

アメブロを運営しているサイバーエージェントはインターネット広告業を事業にしています。

自社媒体で他社アフィリエイト広告に好き放題されてそれで一銭も入らないのは面白くないですよね。

本業なわけですから、アメブロのアフィリエイト広告に出稿したい広告主を探してくることはわけないことでしょう。広告主にAmeba Pickという新たな選択肢を示せて、売上も入るというわけです。

アメブロにアフィリエイト広告を掲載するにはどうすればいい?

まとめると、アメブロに全くアフィリエイト広告を掲載できなくなるわけではないということです。

他社アフィリエイト広告はダメだけど、Amaba公式アフィリエイト広告機能「Ameba Pick」なら可ということです。

またこれまでブログパーツとして提供されていた、楽天、ユニクロ、Amazonはそのまま利用可能です。

これまで利用していた他社のアフィリエイト広告を掲載した記事を書きたいなら、ほかのブログサービスや自ら立ち上げたウェブサイト上で書かなければいけません。

Amaba過去記事はそのまま継続して掲載ok

他社のアフィリエイト広告は、Amaba過去記事に載っているぶんについてそのまま掲載したままでokということです。

これを不可にすると、Amabaブログを書いている人は変更作業量が多すぎてたぶん山ほどの人がブログ自体の継続をあきらめてブログごと消したりブログ移行しちゃいます。

なお、広告を掲載している過去記事を更新したら、アフィリエイト広告を外さなければいけません。記事更新しなければそのままでokってことです。

Ameba公式アフィリエイト機能_Ameba Pick事前登録スタート
2020年リリース予定、Ameba公式アフィリエイト機能「Ameba Pick」ブログが収入に繋がるアフィリエイト機能。いつも書いているブログで、おすすめしたいアイテムを紹介するだけで、収入につなげることができす。 Ameba Pickは誰でも、簡単・気軽に始められる新機能です。いつもの記事を書いて、紹介したいアイテム...

 

アメーバブログが全面的に副業可になった
アメーバブログ(アメブロ)はこれまで一部の提携広告に限り、一般ユーザーが広告を貼り付けることを許していました。 2018年12月25日、Amebloが全面的に好きなアフィリエイト広告を貼り付けできるルールに変更されました。 ...